中学生・高校生におすすめの個別指導塾で英語指導【江戸塾】

お問い合わせはこちら

江戸塾ブログ

中学生・高校生におすすめの個別指導塾で英語指導【江戸塾】

2022/09/10

英文法 基本時制の基礎をサポート

【基本時制】

こんにちは!江戸塾講師の石見潮音です。

今回は、英文法の中でも基本時制についてお話をしたいと思います。

基本時制は主に現在形、過去形、未来形の三つに分けられます。

英語では、動詞の形を変形させることで、時制を変えることができます。

それでは、それぞれの時制についてみていきましょう。

以下では主語をSubjectの頭文字をとってS、動詞をVerbの頭文字をとってVとします。

 

1,現在形<一般動詞 :V  be動詞:am,is,are>

現在形のポイントは、「今」だけを表すものではないということです。

例えば、

His mother plays volleyball on Monday.(彼の母親は月曜日にバレーボールをします。)

この一文の中では、playsが動詞となっています。ここでsがついているのは主語が三人称、単数、時制が現在形という三単現を満たすからです。

ここで注意しなければならないことは、動詞は現在形であるにもかかわらず、一文の内容は月曜日という「今」とは異なっている点です。これは、修飾語句の部分(on Monday) から読み取ることができます。

修飾語句がない場合はどうでしょうか。

これは、永遠形と捉えることができます。

例えば、

The earth is round. (地球は丸い。)

動詞isは現在形ですが、この一文は「(今も昔も未来もずっと)地球は丸い。」ということを表しています。

このように、現在形は、「今」を表すだけでなく、様々な時制に対応していることを覚えておきましょう!

もうひとつ、現在形で注意していただきたいポイントがあります。

それは、時や条件を表す副詞節(=接続詞)の中では、未来のことでも現在形で表すということです。

enlightened時や条件を表す接続詞


when(~するとき)、after(~の後に),before(~の前に),untill(~するまで),as soon as(~するとすぐに),if(もし~なら),unless(もし~でなければ)...


例えば、

If it rains tomorrow,we will not go to the park.(もし、明日目が降れば、私たちは公園へ行かないだろう。)

ここでの副詞節はIf~tomorrowの部分で、この一文は明日(未来)の内容です。

しかし、Ifを使用していることから、If節の動詞(rain)は必ず現在形になっています。

このポイントは、様々な問題で出題されますので、理解しておきましょう!!

 

2、過去形<一般動詞:Vーed be動詞:was,were>

一般動詞の過去形は、基本的には動詞の語尾にedをつけます。(played,stayed,called...)

しかし、英語の動詞の中には例外的に不規則変化動詞という動詞があり、過去形がV-edとは全く異なります。

例えば、teachの過去形はtaught、eatの過去形はate...といったように不規則変化は多数ありますので、必ず覚えておきましょう^ ^

ここで、過去形のポイントとして、過去形は、過去の一時点(現在と区別)を表していることを理解しましょう。

例えば、

She stayed at home yesterday.(彼女は昨日、家にいた。)

ここでの動詞 stayed、副詞 yesterday (昨日)によって、この一文の時制は、過去であることが分かります。

 

3,未来形<will+動詞の原形>

未来形は助動詞willと動詞の原形を使って表すことができます。動詞の原形とは、一般動詞はsもedも何もつけいない形、be動詞はbeです。

willの訳し方は推量「~だろう」意志「~するつもりだ」の二通りありますが、それぞれの文脈に合わせて使い分けていきましょう!

例えば、

I will stop by his apartment on my way to work.(私は、仕事に行く途中で彼のアパートに寄るつもりだ。)

この一文では、主語が私になっているので、「~寄るだろう」よりも「~寄るつもりだ」の方が適切です。

未来系のポイントは現在形、過去形と異なって、will以外にも未来形を表す単語があるという点です。

 

〇willの他に未来を表す単語

①be going to + 動詞の原形「~する予定だ、するつもりだ」

※willとの違い

→be going toは、前もって意図したり、計画しているといった確定的なことの場合に使用します。

②be about to + 動詞の原形「今まさに~しようとしている」

 

以上で基本時制の紹介となります。

江戸塾では、小学生・中学生・高校生・高卒生の英文法定着に力を入れています。
英文法は、英語の長文や、英文解釈に必須の項目ですので、コツコツと基礎を固めていくことを目標としています。
大阪の天王寺、京都の烏丸では対面教室を開講し、オンライン授業では東京、千葉、仙台、名古屋、福岡、沖縄など全国的に学習・受験サポート(中学受験・高校受験・大学受験)をしていますenlightened

英語を基本から学習し、得意にしていきたい方はぜひ江戸塾の体験授業を受けて頂きたいと思いますyes

最後まで読んでいただき、有難うございました!

皆様のお役に立てることを願っていますsmiley

紹介動画